総量規制外のカードローンの利用方法

消費者金融業者を利用したカードローンには、総量規制がかかります。総量規制とは、債務者が債務が返済できなくならないように、年収の三分の一に制限するルールです。適用されるのは、貸金業者を利用した場合であり、他社利用分も含まれます。そのため、すでに他社でその額に達していれば、追加で新しいところで借り入れすることは不可能です。

ただし、総量規制外の業者のカードローンの場合にはこの限りではありません。総量規制外の業者とは、銀行や信用金庫等です。これらの利用分は総量規制外であるため、年収の三分の一以上の借り入れができることもあります。そして、総量を計算するときにもこの分は含まれないため、後で消費者金融を利用する場合にも、トータルでいえば年収の三分の一以上の借り入れができることもあります。

利用方法も消費者金融の場合と大した違いがありません。カードが発行され、それをATMに入れて必要な額を借り入れできるという方法になります。消費者金融業者は、即日融資ができるようになっているところが多いですが、それは銀行系のカードローンの場合も同じで、即日融資がなされるところがありますし、無人契約機が備わっているところでは、それを使ってカードを発行することができます。

ただし、総量規制対象外と言っても、いくらを極度額に設定するかは審査をする人次第です。返済能力が低いとされれば、いくら総量規制外だからと言っても、年収の三分の一以上の融資は受けられません。